WK64.com 〜 パソコンでHDV編集 〜 PV総数:422255
昨日:403 本日:341
 
そろそろハイビジョンでも
受信設備さえ用意すれば、無料で視聴できる地上波デジタル放送でも、ハイビジョン映像の番組が増えてきました。
我が家でも遅ればせながら、絶滅寸前のハイビジョン・ブラウン管テレビを購入して、ハイビジョン放送を楽しんでいます。
なんというか、規格の細かい話はわからなくても、画質の違いは一目瞭然。ハイビジョンは美しい。もちろん、映っているものにもよりますが…
 
そうなってくると、自分でもハイビジョン映像を作りたくなってきます。
最低限の機材とPCで編集するためのソフトを揃えたので、使用感でも紹介できたらなと思います。
我が家の道具
あまり意味がないかもしれませんが、うちのハイビジョン撮影・編集環境を紹介します。
  • ビデオカメラ:ソニーのHDR-HC1
  • 編集ソフト:カノープスのEDIUS Pro version 4
  • 編集用PC:我が家の環境でも紹介した、Opteronマシン
  • テレビ:東芝の32DX100
  • BDレコーダ:松下のDMR-BW200
 
EDIUS Pro version 4
HDR-HC1で撮影したビデオを編集してみました。以下のリンクからダウンロードできます。現在公開停止中。
この程度でしたら、数十分程度でできます。(慣れればもっと速くできるでしょう)
クワガタ対決(4分30秒)
WMV HD(1080i,270MB) WMV(15.8MB)
 
EDIUS 3 for HDV
カノープスのEDIUS 3 for HDVは、HDV編集にも対応したDV編集ソフトの一つです。
この手のソフトにしては、割と安い方だと思います。
最近、編集結果のファイル出力を高速化するソフト(EDIUS Power Up Kit Speed Encoder for HDV)を購入したので、本当に速くなったのか実験してみました。
 
HDR-HC1で撮影した長さ5分11秒のHD映像に、タイトルとBGMを付けたものを標準機能とSpeed Encoderにて、それぞれ最高品質でファイルに出力しました。
機能 設定 所要時間 出力ファイルサイズ
標準(ProCoder Express For EDIUS) MPEG2 HDV MODE2 1080/60i NTSC(最高画質) 26分44秒 1,032,390,720バイト
Speed Encoder for HDV MPEG2 HDV mode-2(最高品質) 8分11秒 1,032,470,244バイト
カノープスのサイトにあるベンチマークと似た結果です。あちらは、10分の映像を標準機能で60分36秒とのことなので。
Speed Encoderを使うと、コア4つで4倍とはいきませんでしたが、3倍以上高速でした。
Opteron275をもってしても、実時間の1.5倍は掛かってしまうようです。そうすると、Opteron280でも実時間は無理かな。
でもSpeed Encoderがあるのと無いのとでは、全然違うので、マルチコアのPCでEDIUSを使っているなら、Speed Encoderを買う意味はあると思います。(EDIUS Pro version 4には標準で付いてきます)
 
画質の設定を変えた計測も行いました。
機能 設定 所要時間 出力ファイルサイズ
標準(ProCoder Express For EDIUS) MPEG2 HDV MODE2 1080/60i NTSC(高画質) 11分37秒 1,032,390,720バイト
標準(ProCoder Express For EDIUS) MPEG2 HDV MODE2 1080/60i NTSC(高速) 10分47秒 1,032,390,720バイト
Speed Encoder for HDV MPEG2 HDV mode-2(高品質) 4分26秒 1,032,470,244バイト
Speed Encoder for HDV MPEG2 HDV mode-2(高速) 4分0秒 1,032,470,244バイト
標準機能と比べて、約2.5倍高速でした。
Speed Encoderを使い、最高品質でなくてもよければ、映像の実時間より短い時間で出力できますね。
「高品質」と「高速」であまり違いがないのは、元の映像が短いからでしょうか。
 
さて、画質設定による、出力映像の違いですが、うちのナナオのCRTディスプレイで、横が1280ドットになるように縮小された映像を見る限り、私の目では違いは感じませんでした…。
余程お気に入りの映像を永久保存版とするのではない限り、「高品質」でもいいのかなと感じました。
 
トップページへ戻る