WK64.com 〜 OSのインストール 〜 PV総数:422244
昨日:403 本日:330
 
x86_64版CentOSをインストールする
ここで紹介するのは、インストール方法の一例です。以下の手順でないとインストールできないということはありません。
x86_64版をインストールするには、AMD64やEM64Tに対応したマシンが必要です。
 
まずは、CentOS(結構バージョンアップしているので、そのときの最新版)のCDイメージを入手します。日本国内のミラーサイトは、比較的軽いようなので、以下のURLから辿っていったところにあるファイルをダウンロードします。
また、DVDイメージを入手できるならそちらの方がインストール時に入換えが発生しないので、多少楽になります。
    ダウンロードするファイル(バージョンによってファイル名が違います。以下は4.2の場合の例です)
  • CentOS-4.2-x86_64-bin1of4.iso
  • CentOS-4.2-x86_64-bin2of4.iso
  • CentOS-4.2-x86_64-bin3of4.iso
他に
  • CentOS-4.2-x86_64-bin4of4.iso
  • CentOS-4.2.ServerCD-x86_64.iso
というisoファイルもありますが、後述するインストール手順では不要でした。
入手したisoファイルをそれぞれCD-R等に焼きます。ファイルとしてではなく、isoイメージとして焼いてください。もしDVDのイメージを入手できるなら、そちらの方が楽かもしれません。
 
OSをインストールするマシンのCD-ROMドライブ等に、できあがったCD(1of4)を入れてマシンを起動します。BIOSの設定で、CDから起動するようにしておいてください。CentOSのインストール画面が出てきたら、基本的にはデフォルト設定のまま何も変更せずに進めていけばいいのですが、変更する点だけ以下に記述します。
  • CDメディアチェックは「Skip」
  • 言語の選択で「Japanese(日本語)」を選択
  • インストールの種類で「カスタム」を選択
  • 自動パーティション設定で「システムのすべてのパーティションを削除」を選択
  • ネットワークの設定:ホスト名を設定で、サーバのホスト名を手動設定
  • ファイヤーウォール設定で「ファイアウォールなし」を選択し、SELinuxは「無効」にする
  • Rootパスワードを設定する
  • パッケージグループのカスタマイズは、デフォルトのまま
  • 再起動後のディスプレイの設定で、自分の環境に合わせて設定する
  • サウンドカードの設定で、自分の環境に合わせて設定する
以上でOSのインストールは終了です。
トップページへ戻る